経鼻内視鏡 胃カメラ 大阪市北区 梅田 胃腸科 大腸カメラ 消化器科 内科 放射線科

線画の顔 医療法人 
藤平胃腸科・放射線科 

TOUHEI GASTROENTEROLOGIC CLINIC

〒530-0017
大阪府大阪市北区角田町8-47
阪急グランドビル22F
TEL:06-6315-7755

経鼻内視鏡

経鼻胃内視鏡検査の特徴

1.えずきが少なく(咽頭反射がほとんどないか、あっても非常に少ない)、検査を比較的楽に受けることが出来ます。 

2.内視鏡が非常に細いので(5.2mm径)、胃内視鏡検査が初めての方も楽に受けることが出来ます。 

3.鼻中隔彎曲症のある方や鼻腔の狭い方の場合、内視鏡を挿入できないことがあります。(鼻から挿入できない場合は、通常通り経口で行います。) 

4.合併症として、まれに鼻出血が起こることがあります。そのために、次の方は従来の経口胃内視鏡で検査を行う場合があります。 
▼抗凝固薬、抗血小板薬を内服中の方(休薬の可否など処方元の医師と事前にご相談ください。) 
▼非常に血圧の高い方 
▼鼻の病気で耳鼻科に通院中の方

胃カメラ・内視鏡検査

・内視鏡の生体検査(生検)を行った場合は約1週間後(祝日など休診があればその分遅くなります)、生検を行わなかった場合は当日に検査結果を説明、主治医やかかりつけ医への報告書をお渡しできます。

・食事を摂っていない場合、当日の予約枠に空きがあれば、予約なしで随時行うことも可能です。

<注意>緑内障(あおそこひ、高眼圧症)、心臓の病気や前立腺肥大(尿が出にくい)がある方来院時にお申し出下さい。脳梗塞の薬や血を固まりにくくする薬をお飲みの方は休薬の可否など処方元の医師と事前にご相談ください。